食品の安全・品質管理、HACCP・ISO22000の指導など食品衛生全般のコンサルティング


会社案内 業務内容 リンク集 お問い合わせ TOPページ
札幌市東区北26条東22丁目6−7
TEL:011-786-8300

食品検査

衛生コンサルティング

衛生資材取扱い

北海道HACCP

住所
札幌市東区北26条東22丁目6−7

電話・FAX
TEL:011-786-8300
FAX:011-786-8266

5Sによって見えなかったものが見えてきます

衛生管理における5Sとは

5Sはそもそも、職場環境の美化・従業員のモラル向上が目的であり、その間接的な効果として業務の効率化などがあるようです。 しかし食品工場では5Sなくして「食品安全」なし!と言えるでしょう。

整理・整頓は清掃作業を容易にするために、また器具を清潔な状態で保管できるようにするために行います。 最近7S(整理・整頓・清掃・洗浄・殺菌・清潔・躾) という言葉が出てきているように、これまでは清掃や清潔の一部と考えていたものを「洗浄」と「殺菌」に分けるくらい、 5Sが重要なのです。

衛生管理の一つに「SSOP」があります。これはアメリカで作られたシステムですが、 食品が微生物などに汚染されないように食品に直接触れるモノの衛生状態を管理するためのプログラムで、その中心は「清掃」です。 清掃・清潔を徹底しない食品工場は、ブレーキの効かない自動車を製造しているようなものです。5Sは食品工場にとっては命なのです。

食品工場でも「見える化」は重要なのです。

5Sがなかなか進まない場合、多くは「麻痺」しています。習慣に甘えています。 客観的に現状を見せることが必要です。→見せるコツ

5Sを推進するコツは「見せる」ことです。

  • 写真を使って作業の方に「見せ」ましょう。
  • 不要物を撤去して工場全体を「見せ」ましょう。
  • 物の整理する場所を「見せ」ましょう。
  • 作業場所を「見せ」ましょう。

5Sの目的を理解させているか

「整理整頓が大事だ」と何度も何度も言い聞かせている工場長にお聞きします。 どうして整理整頓が必要なのかを従業員に話したことはありますか?目的がわからなければヒトは動きません。 「勉強しなさい」と子どもに言っても、勉強しないのと同じです。「なんで、勉強しなくちゃいけないの?」 それに答えて、子どもが納得できれば勉強します。

5Sの目的は色々ありますが、あなたは何を選びますか?

  1. 生産性を上げるため
  2. 衛生状態を上げるため
  3. 労働安全のため
  4. 仕組みを理解させるため
  5. 印象を良くするため

など、その時々で目的は変わりますが、従業員が納得できる目的を選びましょう。「おいしいさをお客様に届けるため」とか、 ちょっとクサイくらい、大きな方が良いでしょう。

目的を理解させたら、次に「目標」を決めます。「いつまでに」「どこを」「必要な物が必要な所で5秒以内に取り出せる状態に」です。 さらに「誰が責任者で」(責任者は一人とは限りません)も決めます。 目標がなければ整理整頓の達成は不可能です。工場長さんはこの4つを必ず決めて、従業員全員に伝えます。

その時に責任者にはある程度の権限を与えなければなりません。 権限の範囲も決めます。整理整頓のためには人件費を含めて「いくら」まで使える。 「誰」を動かしてもよい。整理整頓の優先順位は責任者のあなたにとって1番だから、通常業務で絶対に自分がやらなければならないこと (これとこれとこれ)以外はしなくていよい。その他の時間を整理整頓に使いなさい。 その時間、予算内、期限までに、目標とする状態にするための方法については全て責任者のあなたに任せます。

というような感じにです。工場長は、相談に乗っても良いですが口出しはいけません。
でも、仕事の様子は見てあげてください。「ちゃんと気にしてくれているのだ」とわかればやる気も起きます。
そして、期限になったら厳しくちゃんと評価します。十分に説明を聞きます。 もしその整理整頓が上手くいかなければ、 責任者を任命したあなたと責任者に失敗した責任はあります。

権限を委譲することは勇気が必要ですが、委譲しなければ工場は育ちません。

必要なものが必要な時に、直ぐ取り出せて、取り出したモノが衛生的な状態ならば、整理整頓はできたと考えて良いでしょう。

5Sとは?

整理・整頓・清掃・清潔・躾(習慣)

の頭文字、5つのSです。

整理・整頓により工場内が見渡せるようになると、汚れが見えてきます。
また、作業や清掃がしやすくなります。従って作業時間も短縮できます。

整理

要不要品を区別し、不要品は廃棄、必要品はまとめて保管しましょう。
「もしかしていつか使うかもしれない。 捨てるのはもったいない」
そう思っても1年以上使っていない物は不要品と判断しましょう。

整頓

必要な物は必要な時に、すぐ取り出せるように保管しましょう。
棚に保管する物の名前を付けると良いでしょう。

ご家庭の収納術と同じ要領です。
女性社員の方の中には収納が大好き!
という方がいらっしゃるかもしれませんね。
お知恵を拝借してみては?

乱雑になりやすいもの

  • 掃除用具
  • 機器の工具
  • 資材梱包ダンボール
  • 洗剤、調味料など
  • 冷蔵庫の中

清掃ゴミ

身の回り、調理場・厨房・加工工場内、工場周辺などの環境と 工場・厨房内の設備や器具容器類の食品の残渣、ごみなどを取り除いてきれいにしましょう。

清潔

微生物や洗剤、化学剤などの汚れを取り除いた状態を保ちましょう。
汚れ等を取り除いた後湯や水で洗剤等を洗い流し、殺菌消毒します。

習慣・しつけ

決められたことを規範化し、ルールとして身につけましょう。
習慣化することを絶対条件としましょう。

ただし!!!!

ただ漠然と「5S]をやりましょうと叫んでも、進まないのが現実です。

ポイントを絞りましょう

→どこから5Sを始めるか?